2020年11月11日

政治家の資質

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
私は、マスコミ報道を信じていないわけではないが、それでも
「100%の透明度ではないだろう!」
と、理解している。大仰にいうなら、政府に忖度することもあれば、世論に忖度することもあると考えており、それはそれで止むを得ないと割り切っている。だから時の話題を論じるとき
「マスコミ報道の内容を100%受け入れるとして・・・。」
といった、枕詞を付けて思案を巡らせる。
とはいえ、アメリカ合衆国の現大統領ドナルドト・ランプの振舞には、報道側の「悪意」を割り引いても、私の知る限り歴代最悪の大統領としか思えない。早い話国際的には、WMOを脱退したり、パリ協定から離脱したり、合衆国内に関しては保険制度を止めたり、デモの鎮圧に軍隊を差し向けたりと、まるで専制君主のごときではないか。今回の選挙でも
「不正がある!選挙が盗まれた!」
と騒ぎ立て、選挙結果を尊重せずいたずらに時間を潰しているとしか私には思えない。
そして私のような印象を持つ報道関係者に対して、えらく批判的な朝番組のコメンテーターを見て、私は驚いた。
確かに私の友人にも
「トランプが勝つ方が、株価も上がるだろうし我が家にとっては良い。」
と仰る友人もいるけれど、それは米国内のトランプ支持者とまぁ似たような都合からで、政治家として彼を見る場合、個人的意見ながら私は認めたくはない。そしてこういった考えは、私だけではないと信じている。
かかる意味で、あのコメンテーター氏の立ち位置、私には理解できない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張