2020年11月12日

女川原発再稼働近し

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
東日本大震災で止まってしまった女川原発、事実上の再稼働が決まったそうだ。
ただその説明に立った知事の言葉、とても認められるものではない。
いうに事欠いて
「原発がある以上、事故が起こる可能性はある。事故があったからダメとなると、すべての乗り物を否定することになる。技術革新をして人類は発展してきた。」
といった屁理屈で、再稼働を容認していらっしゃるらしい。
いやはや暴論、居直りとしか言いようのない答弁である。
私とてどうすればいいかの答えを知っているわけではないものの、こんなごり押しは頂けない。
「大人が酒を飲むのだから、子供が飲んでもいいだろう!」
といった如きたとえといえば言い過ぎだろうか?
それにしてもである。
来年3月であの震災から10年の歳月が流れたというのに、メルトダウンした福島原発の問題は、何一つ解決されていない。先日も書いた溜まり続ける汚染水、五輪招致では
「完全にコントロールできています!」
なんぞと大ぼらを吹いて、まんまと招致に成功したけれど、現状を世界の人々がどう反応するだろう。ここは正直に
「漏れてしまった放射能は、現在の技術ではどうしようもありません。とんでもない長い時間をかけなければ、元には戻りません。」
と告白し、耐えねば仕方がないのかもしれない。いずれにしても、原子力の話はなかなか拉致のあかない袋小路なのであろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題