2021年07月07日

笹の葉さらさら

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
七夕
七夕の日には雨の日が多いとの印象が強い。小学生時代には、天の川をはさんでの
「牽牛、織女」
の伝説をそれなりに信じていたので、
「晴れたらいいのに!」
の印象が、より強く残っているからかもしれない。
つまり晴れの日に、深くも考えずに七夕飾りをしたであろうから、記憶には残らず、雨天の日ばかりが記憶に残っているかも知れないからである。
だから本当のところ、晴天の日が多いのか雨天の日かは不明である。
ただ一方ここ数年この時期、梅雨後半の豪雨が多く日本中で災害を引き起こしている。
そして、今年は、静岡県熱海市。昨年は熊本、一昨年は中国地方。
ちなみに昨日話題にあげた半世紀も昔の1967年六甲の山津波も、七夕前後だった筈である。
話は変わるけれど、七夕は本来中国ではじまった行事の筈で、となると太陰暦。だから今年の七夕は8月14日である。8月には梅雨も明けているだろうし、お天気も安定して暑い日が続く。だから中国発の行事は、旧暦で執り行うのが、本来正しいのだろうと、一人合点している。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題