2021年07月19日

名古屋場所千秋楽

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
大相撲、名古屋場所が決着した。
私の友人の言葉を借りるなら
「土俵でプロレスまがいの相撲を見たよう」
な白鵬と照ノ富士の対戦で、気迫に優る白鵬が勝利した。
いろいろ批判もあろうが、横綱・白鵬は相撲を競技という観点でとらえているのだろうと思う。
だから「勝つ」ためにはどうするのが最善かを考えに考えて、取り組んでいるに違いない。
言い換えるなら14日目の正大との対戦、八角理事長は
「横綱は、奇策を弄してはなりません。」
とコメントされたようながら、あれは正大関が横綱と同じようにボソッと立ち上がるのではなく、普通にあたって行ったらよかったのだろうというのが、この爺の理解である。
千秋楽の照ノ富士戦、体力的には多分大関の方がはるかに勝っている筈で、左手で猫だまし風に視線を遮り、続く右腕でのかち上げ、白鵬は
「それ以外に勝機はなかろう!」
と判断したに違いない。つまり立ち上がりざまのかち上げは、外された際のリスクが大きく、引退した稀勢の里には通じなかった筈である。だから自身が有利な形で照ノ富士を組み止めるための作戦が、「プロレスまがいの相撲」となってしまったというのが、本当のところだろう。そして結果的にはうまい具合に組み止めて、小手投げでの勝利となったというのが、昨日の対戦なのである。
厳しい様ながら、強い横綱があれこれ作戦を練っているのに、他の力士達はあまり考えなさすぎる。ただその強い横綱の引退時期が、確実に近づいているというのが、この爺の印象。
好漢照ノ富士が、後を継ぐことになる。
照ノ富士頑張れ!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題