2021年07月31日

理想的な気候

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
文月晦日。七月も終わる
昨日午後、あまりの暑さに体感温度を調べてみた。
シンガポールの気象局が、公開しているホームページを覗いたのである。
午後3時、気温摂氏33度で、体感気温38度とある。
夏至から一か月半、太陽は随分と高くなってきている(筈だ!)。
秋分の日までますます高くなり、正午には自分の影がほとんど点になる。
それまではこの暑さに、悩まされるのだろう。
そんなことを考えながら、ネット新聞を読んでいたら、
2013年の東京オリンピック誘致の際、
「五輪が開催される東京の夏は温暖で、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候です」
と説明していたと、海外メディアが苦言を呈している。
この議論、今後どのように展開していくのか分からないが、新型コロナウィルス新規感染者の急増と、酷暑の脅威は、しばらく目が離せない。
実際テニスの試合開始時間も、有力選手の要請もあって変更されているようだ。
それにしてもこの時期の我が国日本、年中で一番暑いことは、普通の大人なら知っていること。
数日前は、「土用丑」で、多くの家庭では鰻を食べて、暑気祓いをしている筈だ。
誘致合戦に勝つためには、なんでもありっていうことなのだろうか?
これまた嫌な時代になったもんだ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活