2021年11月23日

仔犬育て日記 8

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本では、勤労感謝の日(祭日)
仔犬育てという表題ながら、今日は主題は仔犬達ではない。
一昨日、犬カフェで見かけた光景、爺らしく皮肉たっぷりの観察である。
日曜日の午後だけに、犬カフェには客が多く、当然犬も沢山いた。
中にはところかまわず用をたす犬が居り、犬カフェのルールは
「同伴の犬の不始末は、御家族でお願いします!」
とあり、掃除用のモップも完備している。
そして小用の時は、モップで拭きとり、さら水洗いしたモップでもう一度拭きあげれば、ほぼきれいになる。
だが大便の時はそうはいかない。
とりわけ便の緩い時には、紙で拭い去るだけでは、多分だめだろう。
そして一昨日まさにそんな状況に出くわした。
犬を連れてきた家族が、柔らかい弁をぬぐい終わる頃、ウエイドレスの一人が、ウエットティッシュを手渡した。受け取った犬の飼い主さん、何を思ったか自分の犬のお尻を。その渡されたウエットティッシュでせっせと拭きだした。しかたなくそのウエイトレスはウエットティッシュをもう一枚取り出し、排便した個所を消毒するように、飼い主にお願いした。犬の飼い主は、何やら不満げな顔つきながら、しかたなくあたりの床を拭き、そのウエットティシュをウエイトレスに手渡そうとしたところで、店主が気付いて自分で捨てるように言いながら、お願い書きを指さした。若い客はますます不満そうな顔になったけれど、他の客からの非難めいた視線に、気づき、さすがにその時は、恥ずかしそうな顔をしていた。
最近の若い人はとひとくくりにする気はないけれど、この手の若者のいるのは世界中どこも同じらしいと、改めて考えた次第である。
いやはや、嫌みな爺の話で、本日は失礼。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活