2022年03月31日

即時撤退すべし

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
弥生晦日
東京や千葉の桜の写真が、友人から送られてきた。
ほぼほぼ満開の風情。
一方東海地方の友人からは、まだ三分咲きとかの情報も。今日31日はまたまた冷え込むそうで、関東の桜は当分持ちそうである。

さてウクライナ。
停戦協議を実施したようながら、実際どうなるのかは、私は甚だ懐疑的である。
ただウクライナ側からは
「NATOに代わる枠組みを。」
といった提案もあったようだから、少しは現実的な交渉もあるようだ。いずれにしてもロシア側の苛立ちは、アメリカの1960年代のキューバ危機に等しいというのが、この天邪鬼爺の理解。ロシアにしてみれば、本来の仲間である筈のポーランドまでNATOに取り込まれ、さらにはウクライナまでNATOに取り込まれれば、という危機感。
共産主義は、経済発展という観点からは発展性の乏しいことを歴史が証明し、その結果が、東西冷戦の終結となり、ソ連も中国も開放政策に舵を切ったのが1980年代末。当然のように共産圏側のワルシャワ条約が雲散霧消したが、西側のNATOは今日も存続している。私はこれを、アメリカ合衆国覇権主義ゆえの存続と、皮肉的に捕えているのだが、ロシアの大統領にしてみれば、我慢ならないのだろう。ただ、如何に我慢ならなくても、侵略は許されない。即時に軍を撤退すべし。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2022年03月30日

野球狂の春

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
プロ野球ペナントレースが始まった。
野球といえば、名古屋大学での最後の弟子に、野球狂がいる。中部地方の御仁だけに、当然ドラゴンズファン、ドラゴンズ狂である。私はこの弟子を、愛情をこめてかっちゃんと呼ばせて貰っている。名古屋大学の最後の弟子という表現は微妙ながら、私の大阪大学への移動時期と重なっており、名古屋大学に在籍のまま大阪大学の研究室で修士論文を仕上げたという、他の卒業生達とは少し違った経験も積んでいる。ちなみに現在は通信関連の業種で働いている。
そのかっちゃんから昨年の秋にメッセージが届いた。
「私と同じ苗字の投手がドラゴンズにいます。調べてみると隣街の出身で、親族関係ではないのですが応援しています。」
というのである。
その投手が、今季二戦目に先発登板していて、投手ながらなんとホームランを打っていた。勝ち投手の権利を残しての降板だったけれど、試合そのものはドラゴンズは勝てなかったとはいえ、かっちゃんはさぞかし喜んでいることだろう。なんといっても、ペナント第二戦目の先発だけに、チームとしての期待度も大きいに違いないから。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 時の話題

2022年03月29日

ウクライナの憂鬱

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
戦争が始まってちゅうか、ロシアがウクライナに侵攻してちゅうか、ともかく一か月以上たった。ほんで一向に収まる気配はないなぁ。まぁわいらが聞くのは、西側の立場に立った報道ばかりやけど、ともかくロシアのやってることは間違ってる。やってること言うんは、攻め込んだことや。マリウポリでは5,000人の市民が亡くなったちゅう情報もある。くどい様やけど、ロシアの侵略が悪いのは明らかや。そいでも西側諸国が、ウクライナに武器を供与して、いうなら抵抗を支えてるから、よけい被害が出るんちゃうか。ウクライナを応援するのはええけど、戦争できるよう武器供与で応援するんは、やっぱまずいで。わいの言い分は、何ちゅうても即時停戦や。今朝のニュースやったら、ウクライナの中立化を視野に入れてちゅうことやから、停戦協定できるかもしれへん。仮に休戦協定できても、戦争の現場はおたがい憎み合ってるんで、すぐには収まらへんかもと心配や。またまたくどい様やけど、戦争ってそんなもんや。お互いなんの憎しみもないのに殺し合いが、だんだん過激になるもんや。仮にしばらくは続いたとしても、はや停戦協定取り決めて戦争終結ささなあかんで。
わいが全権大使やったら、「即時休戦、ウクライナ中立化」とするで、きっと!
ほんでロシアの兵隊さんも、早う帰国させてやらな。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2022年03月28日

若隆景優勝

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
大阪では、きのう大相撲春場所が決着した。
関脇の若隆景が、優勝決定戦で高安を土俵際の逆転勝利で破って優勝や。
新関脇での優勝は、あの双葉山以来ちゅうから86年振なんやと。
若隆景の所属する荒汐部屋は時津風一門やから、「双葉山」以来を強調したいのかもしれへん。それにや、若隆景は生粋位の日本人やよって、大相撲のご贔屓筋にはとりわけ喜ばしいんやろ。しょうもない贔屓の引き倒しとこの爺は思うけど、現実は
「日本の国技だから、日本人の活躍が!」
ちゅう意見を持ってる、大相撲ファンが多いんやろ。
ほんで思い出したんが、野茂投手が大リーグで活躍してた、1990年代後半の事や。
アメリカ人の友人家庭に招かれて、晩御飯をご馳走になった。
オクラホマのノーマンちゅう街や。
御主人は、旧ソ連のジョージアから1980年頃移民してきた、アメリカ人のマズールさんや。何かの話から、マズールさんがいきなり野茂投手の活躍を話し出したんやが、話が進むにつれて、奥さんがだんだん不機嫌になりやった。ほんで最後に
「野球は、アメリカで生まれたスポーツ。だから一番野球を知っているのは、アメリカ人。ロシア生まれのあなたに、野球の何が判るというの。あなたには野球を語る資格なんてない!」
とえらく手厳しく、さらに
「相撲は日本で生まれたのだから、日本人が詳しいの!」
と、取ってつけたように付け加えられた。あの頃大相撲では曙や武蔵丸が活躍してたっけ。
そして私は、「心の狭さ」は、洋の東西を問わないと実感したものである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2022年03月27日

日本の桜

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
幼馴染のY 君から桜の写真が届いた。
220327 Sakura in Tokyo.jpg
自宅近所の公園で、六分咲きやそうな。
昨日・一昨日と、日本は春の嵐で冷え込んだそうやから、桜はまだまだ散らへんやろう。ちゅうても今年も、この爺は日本の桜を楽しめないなぁ。まぁコロナの規制はどんどん低くなってるちゅうても、もう少し用心したい気もあるし。鬼に笑われそうやが、来年に期待ちゅうとこやな。
それにしても日本の第六波、収まりそうやが収まり方がえらいゆっくりや。ネット新聞の見 出しでは、新型コロナはインフルエンザと同格に近いちゅうようなんもあったで。ただそれもこれも、特効薬が出来てからの事やろ。日本もらしいけどシンガポールも四回目のブースター接種言うてるしなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年03月26日

ダーウィン追憶

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
春の彼岸の中日も過ぎて、この時期シンガポールでは太陽がほぼ真上。
だから日射しは、容赦なくきつい。
そしてこの時期になると思い出すのは、オーストラリア。ダーウィンの事。南緯13度程度の筈で、太陽が真上近くに来るのは10月の末から11月の初めにかけて。今は自動車メーカーで良い技術者に成長しているだろうNK君の事。観測装置を組み立て中、突然自分の影が無いことに気付き、大騒ぎしていたっけ。それにもう一つ、欠伸をした拍子にハエが口の中に飛び込んだと言って、目を白黒させていた。NK君が参加したのは、15年続いたダーウィンプロジェクトの2年目と3年目で1996年か1967年の事である。一年目は日米豪の共同観測、二年目からは、大阪大学と岐阜大学で構成された日本だけの観測で、最初は土地勘もなかったから住いは週単位で借ることのできるダーウィン市内のマンションを利用した。観測装置は、ダーウィン郊外の、ロバートソン地区とカウワンディ地区に設置しての二点観測、毎日のように片道50qを通ったものである。夕食は原則自炊で、観測場所とダーウィンのほぼ中間点にあるパーマストン地区のモールで食材を調達するのが常であった。あの当時のメンバーといえば、今は名古屋大学で教鞭をとっているYS女史、岐阜大学のTN教授、そうそう先輩のNM教授(豊田高専)にも参加してもらっていた。NK君YS女史の組み合わせは、ある意味最強に近く、観測の成果も結構あった。それだから以後10年以上も続いたと私は理解している。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2022年03月25日

手持ち兵器「シャベリン」

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ロシアのウクライナ侵略は、結構てこずっているという新聞情報。
ウクライナの手持ち兵器、「シャベリン」にてこずっているという、見出しまである。
そしてこんなニュースを、見るにつけ、聞くにつけ、私を含め人間は学習しない生き物だとついつい思う。
少し古い話ながら、共産主義を抑えようとベトナム戦争を起こしたアメリカ合衆国、大きな犠牲を払って結局何もできなかった。第二次大戦で中国大陸に攻め込んだ日本軍、侵略戦争を泥沼化しただけで、破滅への道を進み太平洋戦争の敗戦を迎えた。
歴史を振り返れば、ヒットラーのソ連侵攻、ナポレオンのロシア侵略、まぁ近い話だとアメリカの侵攻したアフガニスタンだって、御同様なのである。戦力に圧倒的な差があったとしても、理不尽に攻撃されれば「国を守る!」というその動機がある限り、侵略側が大量破壊兵器でも使わない限り、される側は屈することがない。だから「自分の国を愛する」というのはそんなことだろうと、理解している。
多くの侵略の歴史が証明しているというのに、ロシアのプーチン大統領はまたぞろ同じ轍を踏んでいる。国連では、戦争犯罪に値すると議論されているらしい。
話はそれるが、犯罪でないせんそうてあるのかしらん。
即時侵略を止め、軍を撤退すべしというのが、爺の持論である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年03月24日

第三次世界大戦?

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ロシアの、ウクライナ侵略が終わらんなぁ。
ネット新聞では、ウクライナの街の悲惨さから
「もう世界第三次大戦が始まっている。」
ちゅうような、衝撃的な見出しもあるでぇ。
そんな見出しはともかく、ロシアの侵略は何としても容認はできへんのは当然や。
武力侵略は、絶対にあかんのや。
ただ侵略のニュースは、アメリカ合衆国やNATO側の立場からの報道やよって、天邪鬼のわいとしては、少しだけはすかいに見てしまうねん。
なんでウクライナがNATOに加盟したいんやろ。
NATOなんちゅうのは、東西冷戦時代の遺物やんか。自由陣営だけがそんな遺物にしがみついて、範囲拡大、まぁこの爺の言うアメリカ合衆国の覇権主義の片棒担いで、
「ロシアが信用できないから。実際ウクライナを侵略している。」
ちゅうてるんやろ。ロシアにしてみたら、ウクライナみたいなモスクワ至近距離に、アメリカの軍事施設ができたら、ほんまに死活問題ちゃうやろか。
停戦の交渉観てたら、ロシア側の主張は
「NATOに参加しないことを担保しろ!」
にあるような気ぃするで。
そいでも、ロシアの侵略はあかん、戦争はあかん。即時停戦以外解はないでぇ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2022年03月23日

武勇伝

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
幼馴染のY君が、大立ち回りを知らせてきよった。
関係している財団の監査役らしいんやけど、あんまし運営がええ加減やから、注文付けたら、逆に梯子外されそうになったらしい。せやけど外された梯子なんかを気にせんと、正論で通して梯子外した理事を退任に追い込むことができたちゅうんや。るもう現役外れて、欲得抜きのボランティアやよって、このクーデター成功したんやちゅうわけや。73歳の爺やけど、ほんまに意気盛んや。
Y君の大立ち回りから、思い出したことがある。
現役の教授の時やから20年近く昔の事や。
結構大きな競争的資金の、中間審査依頼された。
責任者は、その分野の権威ある教授で、もう名誉教授やったか私大の教授やったか覚えてへんけど、実働部隊はその権威者の三人のお弟子さんで、皆さん教授やったかな。ただ中間審査や言うのに、業績らしいものが上がって来てへん。論文が無いから悪いちゅうわけやないけど、中間審査会で
「研究結果が、まるで論文になってませんが、なぜですか?」
「こんな状態で、明確な答えが無いようでは、中間審査は合格させることはできません。」
ちゅうたら、座長がやな
「○○先生の企画ですし、一応中間審査合格ということで・・・。」
と言いよるんで、
「この審査は、合格させるための審査ですか。私は合格とは思いません。なぜ研究が進んでいないのか、その自己分析無しでは後半の研究またぞろ進まないのではありませんか!」
と譲れへんかったんや。
事務方困っとったけど、多数意見で結論出して、しゃんしゃんや。
ちなみに10憶以上の研究費配分されてたけど、研究期間終了後も際立った成果はなかったように記憶してる。
若い頃の、この天邪鬼爺の武勇伝や。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2022年03月22日

蔓延防止措置解除

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本では、新型コロナウィルスに対しての、蔓延防止措置が今日から全国で解除となり、形の上では正常な生活に戻ったことになる。日本の友人から若干不満そうに
「濃厚接触者に対しての検査もなくなるんですよ!」
と知らせてきた。
どうも抗原検査ARTの精度が信用できないことが、その根拠らしい。
つまり二度検査で陰性で、その後陽性に成って重篤化したという例が強調されているらしいが、それって
「避雷針の近傍に落雷したから、避雷針は避雷には有効でない。」
と強弁される、一部研究者の態度を彷彿とさせる。
もう10年以上も昔、国会議事堂に落雷、避雷針から10mほど離れた落雷でNHKの夜九時のニュースで
「避雷針は、まだまだ改良の余地が残されているのですねぇ。」
と、解説されていたのを思い出した。
つまり、こういった事例に関しては、上手くいった例、上手く行かな違かった例を集めて、統計的に議論しないと意味が無いのに、否定的な結果のみを示せば、専門外の方々には否定的な印象を持たせてしまう結果となる。
ついつい自身の専門のことを引き合いに出したけれど、抗原検査ARTについても、テレビ報道では負の面ばかり強調されているような気がしてならない。
天邪鬼爺の受け取り方が、まずいのだろうか?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題