2022年05月18日

爺版・折々のことば 13

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「仰げば尊し」歌わせて下さい。

半世紀以上も昔のことである。
岸和田高校の卒業式、その予行演習の際、私が手を挙げていきなり主張したことばである。
岸和田高校は、その校風はある意味若干左翼かかっていたのかもしれない。伝統的に、卒業式では仰げば尊しを歌わないことになっていたようだ。ただ同級生、とりわけ女子生徒の多くは、卒業式では定番のこの歌を歌いたものだと話しているのを私は知っていた。ただだからと言って、生徒の誰もそのことを主張するわけではなく、予行演習は淡々と過ぎて行った。
若者の特権は、年長者の有り方に異を唱えるところにあるのかもしれない。私自身そこまで深く考えたわけではないが、不意にその主張をしてみたくなり、手を挙げて主張したのであった。そして私の発言に同級生達の多数は、拍手で応え、その年つまり私達の卒業式には、仰げば尊しを歌うことになったのである。今考えても、若気の至りだったなんぞと、月並みな自己批判なんぞしたくはない。私の若き日の武勇伝であることは、間違いのないところである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

爺版・折々のことば 12

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
卒業祝賀会を、我々卒業生主催で開催させて頂きます。そして通信工学科の先生全員を招待させて頂きます。

50年も前の、私達の卒業式の数日前だったろうか、主任教授から
「善やん、卒業生主催で謝恩会を計画してくれへんかな?」
との依頼を受けた。
さすがに私の一存というわけにもいかず、一応クラスに持ち帰ってとその日は辞去し、主だった同級生を集めて相談した。私達の学年は、最後の学園闘争世代で、過激派よりも過激派シンパとノンポリ学生が、ほぼ同数いたろうか。それでも謝恩会という文言には敏感に反応し
「善さん、謝恩会なんかしたないでぇ!」
という意見が多く、
「善さん、いつから教授の走り使いするようになったんや?」
と、厳しく追及する者もいた。
ただ卒業する四年生はそれぞれ研究室に配属されていたので、三年生の時までと違って、所属する研究室の教授との距離は、随分と縮まっていた。
「謝恩する違うて、卒業を祝賀するということにしたら。」
と、ある種の折衷案を出し、通信工学科の卒業生にともかく納得してもらった。そして主任教授を訪ね、答えたのがこのことばである。
結局この時は、修士、博士の修了生も参加し、学科をあげての卒業・修了祝賀会となったのである。
そして十数年、名古屋大学から大阪大学に転任してきて、この祝賀会が電気系全体の謝恩会として開催されるようになっていたことを知った次第である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白