2022年06月06日

ジンちゃんと再会す

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
先週末土曜日、知り合いの内で会合があった。
偶然というべきか必然というべきか、アリスの第一子ジンちゃんを引き取って頂いた家庭も、同じマンション内にある。それならと、会合の開始時刻より少し早めに出向いて、ジンちゃんに併せて頂く機会をお願いした。加えて、アリスとシロも同道し、一緒に遊ばせてみようということになった。
私が二匹を引き連れてグラブペットで出向いたのだが、マンションの入り口で、ジンちゃんの飼い主さんが、一緒に待っていてくれていた。そして私が、アリス、シロと一緒にグラブペットから降り立った途端、ジンちゃん、アリス、シロが一斉に吠え、お互いに駆け寄って、臭いを嗅ぎ合い、そして仲良く振舞うではないか。
一息ついたのを見計らって、私が
「ジンちゃん!」
と呼べば、急ぎ私に駆け寄って来て、立ち上がって甘えるしぐさ。
「覚えてるんやなぁ!」
と感激が先に立ち、飼い主さんに確かめれば、
「前回ジンと私がお邪魔したのは、4月3日ですから、二か月は経ちますねぇ!」
とのこと。
「それでも、覚えてくれていたんだ。」
と大いに感激した次第。
犬の記憶力ってどれくらいあるのだろう、と思案を巡らしながら、公園への道を歩いた。
一緒にいた頃には、母親アリスは、第一子のジンちゃんを可愛がったけれど、その愛情もかつてのままで、大いに感心させらる出会いとなった次第である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活