2022年09月12日

一帯一路

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
恥ずかしながらというべきだろうか。シンガポールに来て、長く住むようになるまでは、東南アジアの諸国に、中華系の方々がこんなに多いとは知らなかった。タイ、ベトナム、マレーシア、インドネシアそれにシンガポール、それぞれの国にそれぞれの人種が居るんだと、なんとなく信じていた。まぁシンガポールはともかくとして・・・。
中華系のタイ人、ベトナム人、マレー人、インドネシア人がそれぞれの国で結構な比率を閉めていて、おまけに経済的にはそれぞれの国を左右するほどの経済力を持っているという。一方でそういう人たちは、祖先がやって来た中国をあまりよく思っていないらしいということ、さらには自分の国に対する愛国心が高いというのである。
日本人としてはこの感覚はいささか違和感を感じるが、このあたりが我が大和民族の国際化できない理由なのかもしれないなんぞと考えている。
つまるところ、中国人はあんなに広い国土を持ちながら、祖国を出て近隣の国々で財を成している。それゆえアングロサクソン系以上に、中華系は世界中に分布しているようにもおもえる。一帯一路どころではない。いつか世界に君臨する日が来るかもしれないなんぞと、いらぬ心配をしている9・11の昨宵であった。
lanking.gif
クリックして投票を!



posted by zen at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張