2022年10月21日

いよいよ退院

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
入院5日目の昨日は、快晴に超の付く秋日和(二日続き)。
眼も随分と見えるようになって、気分が高揚している我が身には、この快晴がもったいない。正確には、こんな快晴の日に建物の中でいなくてはならない、現状がもったいないという事になろうか。とはいえ今日昼前には退院の予定で、眼帯をはずす前の不安はすっかり解消、或る意味現金なものである。
そして昨日も書いたように、明日土曜日は上京、当初の計画よりは一日短縮することになりそうながら、竹馬の友のY君との再会が大いに楽しみ。おおよそ一昔前に会ったきりなのである。とはいえ今回は仕事の打ち合わせもあり、互いに古希を越す歳となって一緒に仕事をするようになろうとは、人生なかなか粋なものである。
それに共通の友人ヒデちゃんの具合も気にかかりながらの上京である。
ちなみに現在午前七時、日本晴れである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年10月20日

白内障手術 3

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
さすがに昨日、手術の午後は、ブログ更新はならなかった。
何せ最初に手術した方の右眼、医師は順調とおっしゃるが、焦点が合わず小さな字が読めない。そして昨日左眼を手術し、今朝まで眼帯をつけたままだったので、とてもパソコンに向かうことなど無理な相談だったのである。
そして今朝看護師が眼帯をはずしてくれた時の驚き、左眼の視力俗にいう劇的な改善で
「手術のし甲斐があった!」
といった具合。
実は自己診断ながら、昨日の手術終了時、無影灯のはっきり度で、これを予見できていた。とはいえ眼帯をはずすまでは、一抹の不安はぬぐえなかったことも事実だった。だから週末の東京行も、断念せねばならないかなとも考えていたのである。
タイプは無理でも、電話はできるのでY君に電話したら
「ヒデちゃん脳梗塞やって!」
と、肝心な打ち合わせの前に衝撃的なニュース。
ヒデちゃんとは四半世紀を超す友人関係で、それでもシンガポールに活動拠点を移していこう、すっかりご無沙汰。だからお互い再会を心待ちしてたのだが・・・。
とりあえず上京したら、見舞いにはいこう!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年10月19日

白内障手術 2

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日は左眼の手術。白内障の手術である。
実は咋朝右眼の眼帯をはずしてもらったのだが、残念ながら聞いていたように劇的に見えるという状況にはなっていない。確かに咋朝眼帯をはずし眼もらってからは、右眼の術後の違和感は時間毎に軽減し、今ではすっかりなくなっている。ただ霞がかかったようだし、焦点もあわない。今は手術前の左眼が、それでも何とか見えるので、生活は不便ながらも一応平常を保てている。そうかん考えるとあと二時間ほどに迫った左眼の手術、いかに能天気なこの爺でも、大いに気がかりである。
夕方巡回に来た看護師さんに尋ねたら、
「明日手術前に、少しは時間もあるでしょうから、主治医のN医師に質してください。」
との事。
ちなみに今日は一番最初に手術を受ける患者らしい。
そしてこの続きは、手術後の午後にでも。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年10月18日

白内障手術 1

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
この文をタイプしているのは、10月17日午前6時半過ぎ。
だからまだ白内障の手術前ながら、ブログに載っけるのは日が変わってからだから、手術も無事終わってという状況の筈である。
それにしても久しぶりの入院で、病院生活というのは実に規則正しい。
(当たり前のことながら)
午後10時には消灯、午前6時には起床で、検温は6時半頃。
そして7時には朝食がやって来るのである。
親友のY君から、入院の日に
「病院食は、まずいかもしれんけど、退院したらごちそうするから・・・。」
と、メッセージを送ってきたけれど、これがなかなかどうして、病院食も思いのほか美味なのである。
それで思い出したのが、網膜剥離で二か月以上も入院した1966年1月のこと。あの入院は絶対安静が必要で、母の叔母が看護についてくれた。56年、半世紀以上も昔のことで、病院食がまずいという私に、その母の叔母は阪急石橋駅前の商店街で買い出しをしてきて、私の好きなものを料理してくれた。そして病院からの給食は、まずいとも言わずに自分が食べていたと、記憶している。
そして今、18日午前10時に少し前。右眼若干の違和感はあるけれど、朝の検診では異常なしとの事である。
だから明日は、予定通り左眼の手術となる。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年10月17日

上等カレー

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
先日所用で、地下街を日本橋から難波に向かおうとしたら、「上等カレー」の暖簾が目にとまった。現役の教授だったころ、「どんなんかなぁ!阪大工学部」というラジオ番組を提案・担当し、朝日放送に毎週のように出かけていたころ、放送局のスタッフに教えてもらったカレー屋さんとい同じ名前で、つい懐かしくふらふらと入ってしまった。もう15年程もまえのことだから記憶は定かでなかったけれど、とりあえず席について注文をし
「このお店、ここが本店ですか?」
と、尋ねたら否との答え。
「もしかしたら、福島区朝日放送の近くにあるお店ですか?」
と、尋ね返したら、奥の方で調理をしていた店員さんが急ぎ出てきて
「本店は今も同じ場所にありますよ。もしかしたら河崎さん?」
と、懐かしそうに語りかけてきた。
そして
「お互いですけど、すっかり歳をとりましたねぇ。もう10年以上も前かな?」
と続けた。
「申し訳ないなぁ、私店長さんの名前、思い出せないなぁ。」
と詫びたら、
「あの頃私は、新米の店員でしたから。」
との事。そして
「また本店にも行ってください。」
と言いおいて、厨房に戻っていった。
あの頃は、朝日放送のFさんにこの上等カレーを紹介してもらった筈で、一度電話でもして確認しておこうかな。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年10月16日

おいしいクレープ

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
生まれ故郷は、日本一高いといわれる水間電車の終点から、徒歩なら20〜30分程度の里山にある。そして今日の話題は、その里山の故郷ではなく、水間電車に関してなのである。実は前回の帰郷時にもほとんど同様の経験をしているのだが、敢えてもう一度取り上げたい。
貝塚駅で、南海電車から乗り継いでいたら、女子高校生らしい四人組が、券売機で大笑いしながら、買い求めていた。私は例によって声をかける
「君達女子高校生だよねぇ。なんでこんな田舎電車に乗って、まさかこんな時間に水間に行くんじゃないよねぇ。」
「水間って終点?そこまでは行きませんよ。」
「誰かの家に行くのかな?」
「全員岸和田の住民で、おいしークレープ屋さんがあるらしいから、食べようという事になって。」
「まさか、おいしいクレープ屋さんなんて、どこにあるんやろ?」
「清児です!」

と話が弾んでいたら、水間行きが入ってきた。
経営の合理化とやらで、運航はワンマンカーの体制。だから降り口は、進行方向の先頭車両なのである。
くだんの女子高校生達は、最後部に席を取り、おしゃべりに興じている。よっぽど
「先頭車輛に乗っていないと、降りるとき困りますよ。」
と、声をかけてあげようかとも考えたけれど、
「これも経験、放っておこう。」
と考え直し、天邪鬼爺は市役所前で降りた。
だから清児についてのドタバタを見てはいないけれど、これが不思議なことに三時間ほど後の帰り、四人組の高校生達が下り電車に乗っていた。うちの一人が目ざとく私をに気づいて
「クレープ、おいしかったですよ。」
と声をかけてきた。私は、
「三時間ほどだから、たくさん食べたんか。でも食べ過ぎると太るでぇ。」
とからかいながら、
「それより清児で、降りるとき慌てたやろ。」
とただしたら、四人声を合わせて
「知ってたのに、言ってくれないなんてひどい!」
と、口を尖らせたのである。天邪鬼爺の私は
「これも経験だからね。」
と、応えるとさらに一オクターブ上がって
「ひどーい!」
と言って、大笑いしていた。

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年10月15日

マイナンバーカード

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日は朝から生まれ故郷の貝塚に、戻っていた。
懸案はいろいろあって、まずマイナンバーカードの取得。
このマイナンバーカード、問題もある様ながら、とりあえずは使ってみようと決めた次第。例えば現在シンガポールでお世話になっている、いや重宝しているワーキングビザのカード、そのカード一枚で銀行口座や公共料金等々が紐づけされて、便利なことこの上ない。
それをなぜ日本の訳知り顔の方々は、毛嫌いするのだろう。
「監視されるから!」
「個人情報が、洩れるから!」

といった意見、見解もある様ながら、本人にやましい点がないなら、監視されてどこがまずい。この天邪鬼爺は、政府のやることなすこと、あまり肯定はしたくないけれど、国民番号制には、ずいぶんと最初から肯定的で、住民基本台帳だって手にした記憶がある。
話をマイナンバーカードに戻せば、国民皆保険の保険証もマイナンバーカードでと首相がおっしゃったとかいうニュースもある。本気でやり抜く気概がおありなのか、気の揉めるところだが、反対されている方々に
「監視されたっていいじゃないか。そんな監視にも毅然として、忖度好きのお役人様達をぎゃふんといわせる、芯の強い国民でありましょう!」
と、エールを送りたい気がしている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年10月14日

俎板の上の鯉

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
いよいよ次の日曜日に入院する。
昨日は、その病院に行って主治医のNさんからの最終説明。
手術そのものは20〜30分らしいが、なんといっても左右両眼である。
だから月曜日右眼、水曜日左眼といった具合に日をおいての施術らしい。
8月に来院した折は、月曜日、火曜日と連日の手術と理解して
「ほんなら火曜日の晩は、両眼ともふさがっているのか!困ったことだ。」
と、能天気、気楽蜻蛉にしては珍しく考え込んでいたのだが、
「月曜日に右眼手術、火曜日に眼帯を外し、水曜日には左眼手術と考えています。」
と、明快な説明である。
だから入院の日曜日、火曜日、木曜日と入浴が可能だという。
まあ病院は昔と違って、エアコン完備だから、多分汗はかかないだろう。冷や汗はともかくとしても・・・。でも二日おきにでもシャワー可能というのは有難い。
さて入院、前回はシンガポールに移って二年目だったか、下り坂を自転車で走っていての転倒で、足掛け5日間だった。今回は足掛け六日間。
「よく見える眼になるんかなぁ。」
と俎板の上の鯉の天邪鬼爺は考えている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年10月13日

思わずブルッ

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
一時帰国の三日目。
しかし寒い。友人の話によると、ここ数日急に温度が低くなったとか。実際昨日の午前中、所用で出かけ、訪ねた先で二時間ばかり議論して、訪ね先の玄関を出たらぶるっと来た。
「10月の中旬ってこんなに温度が低かったのか?」
と、改めて感心しているのだが、
「そういえば、10月1日の衣替えで、それまでのカッターシャツから、学生服になった日も、気温が低かったなぁ。」
と、昔のことを思い出した。
そして10月初旬の秋祭りの頃は、黄色に色づいた田んぼを背景に、だんじりが走ったものだ何ぞという思いでも頭をよぎる。
そう10月といえばかつての日本は秋だったのだから、昨日、今日の寒さはごく当たり前の状況に違いない。今年の日本の夏は異常に暑かったそうながら。
シンガポールに長く住んで、年中夏が当たり前だから、今朝の水道水の温度も、或る意味新鮮そのもの。
「水道から出る水は。こんなに冷たかったのか?」
と改めて感心している、天邪鬼爺である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年10月12日

日本の秋

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
おおよそ二か月ぶりの日本である。
今回の一時帰国は、久しく懸案であった白内障、緑内障の治療が目的である。思えば高校二年生の冬休み明けに網膜剥離を患って以後、小学生の頃は1.5もあった視力が、秋の日のつるべ落としのごとく悪くなり、眼鏡のお世話になりっぱなしである。まぁ網膜剝離した左眼はともかく、何もなかった右眼も視力が落っこちるとは思いもよらなかった。とはいえあの頃は、眼鏡姿の格好良さに憧れる気持ちも少なくはなく、級友に借りてかけてみては
「似合うかなぁ!」
なんぞと、気取ってみたことがあった。
その甲斐(?)あってか、眼鏡着用が日常となり、50歳を超すころから老眼まで出て、眼鏡生活の不便さには辟易としているのである。
思い出話はさておき、日本はもうすっかり秋である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活