2022年10月07日

東南アジアに雷観測装置を 10

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
T工場長もWさんも、ここに至っては大いに拙いと思ったのか、これ以降は
「私達は、勤め人ですから!」
を繰り返すだけとなり、私の言い分を聞いてメモすることに専念、議論をかみ合わせないようにするだけだった。そして最後に
「おっしゃることは、とりあえず記録に残しました。会社に持って帰り上司に伝えます。そして次回のシンガポール訪問の際に、回答をもって参上します。裁判に訴える気は、ないですよねぇ?」
と、締めくくった。
これでは全く急ぎ帰国した甲斐もなく、
「なぜ決定者会社の方針転換を、赴任前の私に伝えなかったのか、この点に関しては誠意ある回答をお願いします。」
と、私はもう一度繰り返しておいた。
そして予期されたことではあったか、一か月後の回答は
「会社の方針ですから。」
「私達も、勤め人ですから上司の命令には逆らえません。」

これら以外には、実のある言葉は伝えられなかった。
「お二人は、高い航空運賃払って、子供の使い以下ですね。」
と、私なりに精いっぱいの嫌味を返したけれど、二人は起こるわけでもなくしらっとしているだけであった。そして最後に
「来月12月には、新事業部長がやってきて説明するそうです。私たち勤め人では、先生の質問には答えられませんから。」
と結んだ。
この会合に同席したアンドリューさんが最後に
「河崎、訴えることはしないよなぁ?」
と。念を押した。私は、その気のない旨の返事をして、二人は日本に帰っていった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白