2023年01月06日

雷放電の観測 34

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本にいる。
新年6日目の日本である。
実は昨日午後4時ころ、関西空港に到着した。
久しぶりの大気電気学会参加と、10月に受けた白内障手術の術後検査が、一時帰国の目的である。そして今日はその内の大気電気学会参加である。
学会とはいえ大気電気学会は、会員総数200名弱のミニ学会である。
そのミニ学会、年二回の研究発表会も100回を重ねており、天邪鬼爺に記念講演の一つを受け持つようにとのご指名。請われるうちが花と、参加を快諾しての今日である。
しかし寒い。
シンガポールに移り住んでほぼ10年、新型コロナの影響もあって、最近5年は真冬の寒さを経験していなかったからだろう、寒いというより痛い。
駅での階段の上り下り、手摺を握ってもあまりに痛く、老骨の身には文字通り骨が折れる。とはいえ手を離しては、階段を転げ落ちることにもなり、我慢して握り続ける。
だから階段の上り下りには、時間がかかる。朝の通勤時、後ろに付かれた方には大いに迷惑だったろうから、この場を使ってお詫び申し上げる。
それはさておき、学会の会場である電気通信大学に無事到着。
記念講演の爺の主題は、雷放電の観測の歴史。
というわけで明日もこの主題を続けたい。
しかし寒い。
(この稿続く)
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白