2008年07月28日

雷雨,降雹,突風 3

ブログ村への投票忘れずに⇒⇒⇒⇒⇒
夕立ち三日というけれど,今日は二日目。
北からの冷たい空気と,若干はりだしが弱い太平洋高気圧ががっちゃんこして,今日の吹田・豊中界隈は大荒れ。吹田キャンパスから数キロ西にある石橋キャンパスに講義に出かけたのが午後二時頃。
実は昼過ぎ,ふと北の空を見たら,真っ黒な雲がどんどん押し寄せる様子で,ときおり窓を揺するような風も吹いていた。研究室の秘書さんは,押し寄せる雷雲の黒さというか暗さに少し圧倒された風でもあった。黒い雲の向こうで,ときおり電光も感じられ,キャンパス界隈も雷嵐必至と思っていたら,一時間半ほど経った午後2時頃には,それこそ轟く雷鳴。さすがに昼だけにまばゆい電光とまではいかないけれど,光って1,2秒で雷鳴が響く。そんな中,キャンパスの桜並木沿いの道路に愛車を駆れば,強風に吹き折られたのか枝が数本散らばっている。二つのキャンパスは,中央環状で結ばれており,普段なら20分もかからない距離なのに,道路は冠水気味で思いのほか時間がかかって,少し焦り気味となる。いずれにしても梅雨明け以後,猛暑日が続いていたのでこの雷嵐は,恵みの雨をもたらしてくれるかも知れぬ。とはいえ,神戸では鉄砲水で4名が命を落とされたと聞く。
ちなみに雷三日の明日も,雷活動がありそうだとの予報が出ている。

lanking.gif
ランキングへの投票もお願い!!




posted by zen at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷の研究
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17398125
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック