2016年04月17日

地震列島

九州・熊本の地震が続いている。
続いているという言い回しが適当かどうかはともかく,
震央が西から東に移動し,大分でも地震が起こっている。
現時点での報告では,マグニチュード7.3のが本震となっているけれど,その後検討が進めば,一連の地震は実は同じでということになったりするかもしれない。実際東北の大地震では,いくつかの地震が合算されてマグニチュード9以上となった。ただあのときは比較的短時間だったから合算ということになったのだろうが,今回の場合は果たしてどうだろう。ほとんど丸一日の間をおいて,前震から本震となっているので,合算してというのは不適当かも知れないと考えつつも,
「これって,現実には一つの地震活動じゃないか?」
と,素人ながらに考える。
そもそも地震の場合,時間のスケールが,例えば100年毎にとかいった具合だから,今回の地震活動としては一括りで扱う方が理にかなっている,と考えずににはいられない。まぁ地震学関連の大先生方の,見識やいかにといったとであろうか。
posted by zen at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷の研究
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174938581
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック