2017年06月28日

しつもん?ドラえもん

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
朝日新聞第一面「しつもん!ドラえもん」はここ数日は電気(でんき)編で、はばかりながら本来の専門だけに気にかかる。
今日の問題は、
「120年以上前に売電のために作られた発電所はどこにある?」
というもの。何度か見学にもいったので、これは自慢にもならないが、大いに優しい。
ちなみに解答は、京都市の蹴上、琵琶湖からの水で発電する水力発電所が1891年に作られた、とこれは正確に書いてあった。ちなみに1891年は明治24年である。
昨日の問題は、
「電気を普及させるために電灯を商売にした人は?」
言わずと知れた発明王トーマス・エジソン。このエジソン、我々の年代にはあこがれの一人だったが、今はどうだろう。この人小学生時代は問題児であったといった伝記を読んで感激したっけ。余談ながら、野口英世、シュバイツァー、ヘレンケラー等も、あこがれの対象だった。
一昨日の問題は、
「電気を作るのに、身近なものを使うが何だろう?」
解答は敢えて示さないが、まずはまともな問いであろう。
一昨昨日の問題は
「電気に触れると、びりびりしたり痛みが走ったりする、なぜだろう?」
と、えらく難しい。電流が体内を流れるので、痛点を刺激する。あるいは神経回路に電流が作用する、なんぞという解答は小学生の理解を超えるといってもおかしくない。だからこの爺、この問題は小学生にはふさわしくないと批判的に捉えながら、解答を探してみたらなんと、
「人間の体には、心臓や筋肉を動かすため弱い電流が流れている。必要以上の電気が入ってくると、体が壊れてしまうので痛みで警告しているんだ。」
とあった。誤ったことは書いてはいないものの、この答えって「なぜだろう?」に直接答えてはいないような気がするのだが。
「怪我をすると、痛いのはなぜだろう?」
と問われた場合
「怪我をすると、体が壊れるから痛みで警告している。」
と答えるべきと、ドラえもん氏はいうのだろうか?不正解というわけではないですが・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180179380
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック