2017年07月24日

秋田で大雨

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本の話題。
秋田で雄物川氾濫、またまた洪水被害。
つい二週間ほど前は、九州で豪雨・洪水の大被害。確か線状降水帯と物々しく報じられていて、死者・不明者併せて合計50名だったっけ・・・。
そして例年より早めの梅雨明けがあったと思ったら、北に押し上げられた梅雨前線が、今度は東北・秋田で大雨を降らす始末である。
米どころ秋田の洪水は、我々庶民には、
「おいしいお米の値上がりにならないか?」
と心配が先に立つ。
それにである。大洪水の有った九州では、被害に遭わなかった水田に水を送れないといった、皮肉な被害も発生しているようだ。つまり大量の流木が、用水路を完全にふさいでいるというのである。
それにしてもである。これだけあれこれ、豪雨・水害が発生するということは、やはり地球全体が温暖となっているのであろう。そして1980年頃から、温暖化の対策が国際的にも論じられるようになったのに、未だに全然好転していない。それに昨朝のニュース番組でも報じられていた旧聞の、アメリカのパリ協定からの離脱は、トランプ大統領の一存での決定だけに、なんといっても面白くない。
数年前のスイスでの国際会議で、「気象を人工的に制御しよう!」というプロジェクトの呼びかけがあった。あの時は、
「まだそこまで、でけへんやろう?!」
なんぞと考えたけれど、真剣に考えた方が良い時期に来ているのかもしれない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180431617
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック