2017年11月16日

起業の顛末 2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「販売権登録をなぜ君の会社にする必要があるのか?」
という私の何度目かの質問に
「それはあの国の法律決まっていること。そうでないと売れないのだ!」
と、不承不承に友人は答えた。そんなのはうそに決まっていると、詰め寄る私に
「あなたは何も知らないんだ。営業は私に任せておけばいい。売れればお互いに儲かるじゃないか。」
と居直りさえ見せる。それでも私は
「なぜ私の会社のブランド名ではなく、君の会社のブランド名なのだ。それに登録が完了すれば、私の会社の製品として政府調達はありえないと教えられた。」
と食い下がった。
「あなたに教えた人は、誤解している。私をその人に会わせろ。きちんと説明するから。」
という具合に、論点を少しずつずらしてはぐらかすばかりである。
「いずれにしても、独占販売権は破棄するし、あなたの登録手続きは知り合いの弁護士に依頼して、注視してもらう手続き中だから!」
と最後通告をした。友人は苛立ちを抑えながら
「あなたとこの手の話し合いをすると、消耗する。商売のプロに任せておけばいいものを。」
といい、じゃいま進んでいる商談は全部キャンセルしておくという捨て台詞まで投げてよこした。欲張りな彼は、そんなことはする筈もないだろうが。
ただその時は私にしてみれば、すっかり騙されたという被害者意識ばかりが先走っていたけれど、彼の家を辞して家に帰るとき
「100%信じたわいがいかんかったんや。なんちゅうてもついてくるのは、自分の影だけやもんんなぁ。」
としみじみ反省した。
それでもその後、インターネットで調べたり、知り合いに確認したりするなどすれば、専売権登録をしないと売れないという規則はまるでなく、私を下請けにしてのOEM化、自身の会社を製造販売としようと画策したに違いがないといったあたりまで読めてきたというのが実情。
それにしても68歳の学者は、本当に世間知らずの甘ちゃんであった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181583171
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック