2017年12月21日

気がかりな事

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日は日帰りのジャカルタ出張。

福島原発の事で、ちょっぴり(いや大いにかな?)心を痛めている。
それは放射能汚染される地下水を、永久凍土をこさえて閉じ込めるという、大いに魅力的な対策法に関してである。この爺は一応へっぽこ科学者だが、原子力に関しては全くの素人ゆえ、頓珍漢かもしれない。とはいえ、問題の地下水、地下から入ってくる水を完全に食い止めることが出来ているのだろうか?でないなら、いかに凍土で壁を造って閉じ込めようとしても、その量がどんどん増えることになるので、凍土壁で囲まれた領域の容量を越してしまうことになるに違いない。それゆえ、そうでないならいずれ汚染水があふれ出し、またまた慌てふためくことになるに違いない。
それにしてもである。
この爺は、究極の対策はチェルノブイリのように、厚いコンクリートで閉じ込める以外に対策は無かろうと考えている。原子力にはなんとしても厄介な「半減期」というものがあり、時の経過以外どうしようもない、放射能除去装置でも発明されない限り・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181896982
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック