2018年01月02日

大相撲協会の閉鎖性

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
大相撲のドタバタ劇が収まらない。
ただマスコミ報道の取り上げ方も、何やら他のもっと肝心な話題を隠してしまうためのような気がして、ある意味辟易としている。それゆえ、この爺のブログに取り上げるのは、あまり意に沿わないけれど、爺なりに本質に迫ってみたいと考え、敢えて取り上げる。
貴乃花親方が、大相撲協会への報告や、聞き取り調査を頑強に拒んできた、その真意についてである。
「届け出したところで、大相撲協会のご都合主義で処理されてしまう。」
と、貴乃花親方が思案されたのだろうという、マスコミ報道の推測には、爺には合点がいく。というのも推測ながら、大相撲協会の閉鎖的体質や権威的体質にメスを入れたいというのが、貴乃花親方の主張と常日頃マスコミ報道を通じて漏れ聞いているからである。一方貴乃花親方は、横綱白鵬の日頃の振る舞いに、
「日本古来の相撲道に反する!」
という厳しい意見を持っているとも聞く。例えば横綱が、判定結果に物言いをつけるような振る舞いをしたり、優勝回数を梃に一代親方の資格がもらえるだろうかといった意思を示したり、あるいは勝ちにこだわり、張り手や勝ちあげを多用するとしたりと、いう姿勢にたいし、先に述べた相撲道に反するという批判をいると聞く。
ただ近年多くのスポーツで、競技者の判定に対する主張は認める傾向にあることを考えれば、
「なぜ相撲だけ?!」
と競技者が考えるのが普通で、それを許さないのはいかにも封建的と横綱が考えるのは、ごくごく自然である。
つまりである、貴乃花親方の主張したい「封建的な相撲協会を変える」という強い意志と、横綱白鵬の昨今の振る舞いは、根っこのところで多分同じなのではなかろうか。
穿った見方ながら、白鵬が日本の出身なら、多分は親方も話としてはずっとしやすいに違いなく、したがって沈黙は自身の中の矛盾が沈黙に繋がっているのではと、指南しているのである・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182018232
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック