2018年01月31日

多国的都市

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
一月はあっという間に行ってしまう。
気が付けば2018年正月も晦日である。
さてそんな一月最後の日、朝日新聞天声人語氏から。
東京JR山手線の新大久保駅、構内放送がなんと20か国語で行われているという。一つの言葉で10秒程度の案内としても、自身の理解できる言語の順番が最後になったら、3分は緊張を続けなくてはならない。確率的に待ち時間を求めたとしても、一、二分の覚悟が必要で、通勤・通学の多忙時には現実との乖離があるかもしれない。とまぁそんな冷ややかの批判はさておき、東京はすっかり国際都市・多国籍都市という事なのだろう。
ところでシンガポールに来て、当地の友人達からのちょっとした苦情に
「日本は好きな国の一つで、何度も言っているけれど、言葉が通じにくく、駅の表示も不親切。英語すらないこともある。」
というのがある。確かに我が同胞の、外国語下手は折り紙付きであるから反論のしようもないのは事実である。ちなみに大阪の地下鉄は確か、日本語、英語、韓国語、中国語の4か国対応だった筈。新大久保の20か国語対応に比べるべくもないとはいえ、個人的にはあとアラブ語さえあればといったところであろうか?
ふるさとの訛りなつかし停車場のひとごみの中にそをききにゆく
という石川啄木の歌もひきながら、天声人語氏が結んでおられたように、20か国語もの放送を聞きこ少しは心和ませる、留学生もいるのだろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182283412
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック