2018年02月01日

またまた、入試問題ミス

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
2018年2月如月朔日である。
太陰暦なら新月のこの日、いや正確には昨日月食をみた。それも皆既月食で、シンガポールでは150年ぶりとかいう。太陰暦なら月食の起こるのは15日以外にはありえないのに、昨日の天文ショーは、本当に真逆というのがいかにもというべきであろうか。
話は変わるが、朝日新聞インターネット版で、昨年度入学試験問題の不備という、先日どこかで見たような記事を見つけた。さらに興味深いのは、音波の問題とあって
「何やまだ阪大の入試問題ミスの記事かいな?!」
と鼻白んでいたら、なんと京都大学とあるではないか。
近畿の二帝大が、寄りにもよって似たような題材で同じように入学試験ミスをするとは、偶然とはいえ何とも不思議でならない。阪大のは、音叉の振動(共振)モードが複数あるのを、失念していたことによるらしいとは理解しているが、京大のは記事を読むだけでは判らない。
話は変わるが、この爺が受験した当時、数学の問題で京大と阪大のが全く同じという事があったとの記憶がある。論述式の問題だけに問いの出し方は当然異なるけれど、文章を理解し定式化できた時点で、全く同じだったと理解している。確か「大学への数学」という雑誌が取り上げていた。単なる偶然なのか、出題者のちょっとして情報交換があったのか、今回のみならず半世紀昔の事例と併せて、気になるところである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182295606
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック