2018年02月18日

藤井六段

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
中学生棋士の藤井聡太さん、朝日杯将棋で優勝して6段に昇進した。
棋戦優勝も、6段昇進も神武以来といわれた加藤一二三さんの記録を破っての、最年少記録である。おおよそ半世紀も破られなかった記録で
「加藤一二三がどれだけすごい棋士だったかという事になります。」
と、将棋界引退後お笑い系でテレビに登場しているヒフミンこと加藤一二三さん自身のコメント、言い得て妙といったところだろう。
冒頭に記した、朝日杯将棋の優勝は、準決勝で羽生永世七冠を破っての快挙で、マスコミ報道も詳しく報じている。羽生さんは最近国民栄誉賞も受賞されているので、藤井さんから見れば、まるで神様に勝ったようなものかも知れない。すぐに世代交代とはならないだろうが、いわゆる羽生世代のというより羽生さんの時代の「終わりの始まり」かもしれないというと、羽生永世七冠の贔屓筋に叱られるかもしれなけれど、この爺岡目七目ながら実感している。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 時の話題
この記事へのコメント
藤井君
すごいですね。すっかりファンになりました。

準決勝、決勝と家にいたので、ライブで見ていました。
彼の将棋は派手な手が多くて、アマチュアにも理解しやすく見ていて非常に面白いです。まさに魅せる将棋と行った感じでしょうか。
順位戦C2でもぶっちぎりだったし、谷川九段の持つ最年少名人の更新をやってのけてほしいです。
Posted by feynman at 2018年02月22日 08:17
Feynmanさんへ

久し振りですね。
わてはへぼ将棋しかさせませんが、藤井六段の棋譜はよくネットで見ています。どこまで成長されるのか興味津々、来週は師弟対決と聞きますが・・・。
楽しみです。

風塵雷人
Posted by 風塵雷人 at 2018年03月04日 08:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182447168
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック