2018年02月23日

急がねば!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
のっけから訃報が題材で申し訳ないけれど、一昨日の俳優大杉蓮さんの訃報。この爺と年齢が近い方だけに、胸に迫る何かがある。
その前日だったっけ、俳人の金子兜太さんの訃報、こちらは90歳を越すご高齢ながら、主義・主張に共鳴できる方だけに、違った意味で胸に迫るものがある。
さて大杉さん、享年66歳というから、爺より3歳若い。と考えると、爺にもいつお迎えが来るかも知れず、爺に残されているであろう時間を考えて、
「急がねば・・・!。」
の焦りが湧いてくる。急がねばの心は、起業した雷嵐の行く末の事で、シンガポールに来て4年半、これという成果もあげられず、遅まきながら昨年11月、
「他人をあてにしていたのでは。」
と目を覚まし、改めての主体的な営業活動を始めたことである。
得意のそもそも論ながら、
「安価な装置で、東南アジアの方々の安全に貢献。」
の基本方針だった筈なのに、当地の販売代理人たちは、
「いかに高い利益を得るか。」
という本心。いやむしろ東南アジアに蔓延する、Money under the table の手段を使ってでも売りさばくという真逆の態度、そのためには賄賂分を販売価格に上乗せしてという甚だお粗末な戦略。
「雷嵐には迷惑をかけないから!」
といけしゃぁしゃぁだから始末が悪い。
こう言って書き出せばまだまだ続きそうなので、明日ももう一度。
(この稿続く)
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182487968
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック