2018年02月24日

急がねば2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
中学生時代、社会・地理で習った「華僑」。中国からの移民で、同族の結びつきが極めて強く、お商売に長けており、財を成した家系を意味する。ただ必ずしも良い意味で教わったという記憶がなく、
「商売がうまい、いやむしろお金に汚い!」
といった言外のやっかみも含めた意味を含んでいた。ちなみに中国の方に「華僑」の意味を尋ねたら、極めて単純で「中国からの移民」という意味しかないそうだ。
さて、昨日の続きである。
シンガポールにやってきて、最初の2年間は大企業の名前に期待しての販売であった。その後の2年間は、当地で親しくなった、俗にいう「華僑」の販売能力に期待した。そして昨年11月末頃だったろうか、全く埒のあきそうにないことから、基本姿勢をすっかり改め、この爺以外の営業活動を期待せず、それこそ初心に戻って地についた営業活動を行おうと決意して3カ月である。
その甲斐あってか、まずはシンガポールの気象局から、
「近々に設備更新の入札があるから、可能なら応札したら。」
と助言を頂き、すでに数回の技術仕様に関しての打ち合わせに及んでいる。
確かに入札だけに必ず勝てるという確証はないとはいえ、こういった八百長・不正なしの商いの方が、この爺の主義・主張にあっている。
昨日も書いたようにきゃつらに任せておいたら販売価格が、なんと10倍以上にもなりそうで、それなら売れる筈もない。
「急がば回れ!」であろうか・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182497355
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック