2018年03月01日

不可逆的合意やのに

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
平成30年弥生朔日
日韓で太平洋戦争中の慰安婦問題、やっぱし未だに火種となってるようや。
「性奴隷」ちゅう表現を、我が国政府が嫌うとるようやけど、わいには嫌う根拠が判らんなぁ。そら確かに、昭和33年4月1日以前は合法やったから、
「慰安婦は、強制したものだはない!」
ちゅう強弁は成り立つけど、そいでも昔は遊郭に泣く泣く売られていく女性がおったんは事実や。こんな事実を無視して「性奴隷」やなかったちゅうても、そら通る話やないで。ただ政治家のセンセイらは、歴史を修正して「美しい国日本」にしたいんやろうかなぁ。もしそうやとしたら、そら怖いこっちゃで。
歴史に学ぶことの大事なんは、
「二度と同じ過ちはいたしません!」
と後世に伝えていくことちゃうんかいな。せやから「怖いこっちゃ」と書いたんは、過去の失敗を無いもんにしょうちゅうことやと、わいは考えるからなんや。
せやから韓国内の「慰安婦少女像」目くじら立てんでもええんちゃうか。
ただ韓国の人は、それを戦時中の反省だけと違うて「反日教育」に利用するとこあるから、それはそれで困りもんやとわいは思うんや。日本が戦前・戦中にしたことは忘れたらいかんけど、それをいつまでも恨みに思うててもなんも生まれへんからなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182545079
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック