2018年03月06日

仮定の質問には

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
国会の委員会なんかのやり取りみて不思議に思うことあるねん。
政権与党のセンセイやお役人様が、野党議員の質問に
「仮定の質問には、お答えできません。」
ちゅう回答示すことや。なんでかちゅうたら、政治ちゅうんは先見越して仮定の上であれこれ策を講じるもんやからや。
「北の共産国からの侵略があったら。」
「半島の将軍様が、ミサイル撃ったら。」
「お隣の大国が攻めてきたら。」
何ちゅうようなこと考えて、アメリカ合衆国と安全保障条約結んでんちゃうんかい。わいは、「侵略」も「ミサイル」も「攻めて来る」こともないやろうと個人的には考えてるけど、ただそいでもそう信じて心配している人も大勢いるんやろう。仮定の話でも心配する人を安心させるんが政治やとわいは理解してるけどなぁ。
国対国の問題だけちゃうでぇ。
「東海大地震が起こったら!」
ちゅうて、あれこれ対策してるんも政治やろう。国会答弁の
「仮定の質問には、お答えできません。」
のだんでいうんやったら、「いついこるや判らへん地震」の対策ちゅうんは全くいらんちゅうことになる。それにそもそも来年度予算ちゅうんもや、税収こんなけある筈やからちゅう仮定の話の上で、来年度はこんなことしましょうちゅうて決めてるんや。これも仮定の上での取り決めやでぇ。せやから野党の議員さん、議論の仕方もっと考えてしっかりせなあかんで!!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182595144
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック