2018年03月07日

長い箸

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日の朝日新聞・天声人語氏が面白い。
黄泉の国での話。
地獄にはとてつもなく長い箸が用意されていて、地獄に落ちた者たちが食事をしようとしても口に届かず、飢えに苦しむという。一方天国にも同じような箸が準備されていて、やはり食事に使われるのだが、こちらは自分の口に食べ物を運ぶのではなく、互いに相手の口に運ぶので、飢えに苦しむこともなく楽しく生活できるらしい。
これは、西洋花札大統領の思い付きで、輸入金属材料に課せられることになった関税に対してのたとえ話である。大統領は、
「輸入品に重い税を課せば、輸入赤字は解消して、アメリカファーストに繋がる。」
という考えで
「こんな考えを、今までの政治かは誰も気が付かなかった!」
と鼻高々である。
いやはや過去の指導者達はそんなことは織り込み済みで、
「安易な経済戦争に持ち込むのではなく、相手国も潤うような解決をせねば。」
と腐心し苦労してきたのである。
それにしても過去の歴史を知らない政治家ほど、国民を不幸にするものはない。アメリカ合衆国ほどの国になれば、影響力も広範で被害は自国民どころではなく、他国にも及ぶ。天国の長い箸を求めての暗中模索をするのが政治家。ドンパチでの解決なら、政治家でなくても思いつけるのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182604118
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック