2018年03月11日

震災七年

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
2011年3月11日午後2時46分東日本大震災。
もはや7年になる。
残念ながら復興は進まない。
とりわけ福島原発の周辺は、進む筈もない。
漏れ出た原子力燃料。とてもunder controlであるわけがない。
そして今朝のサンデーモーニングで、浪江町を取り上げていた。
昨春避難指示の解除された浪江町の一部地域での住民帰還率は2.4%という。
インタビューに答えていたお年寄りが
「戻って農業しろといったって、生産した作物を買ってくれる人達がいなければ・・。」
としみじみ。
いやはやお役人様の考えることはかくのごときなのだろう。
つまり、いろいろな地域、・人々は有機的につながっており、見かけ上の安全で
「あなたの地域の放射能量は、もうすめる状況になりました。」
と安全宣言したところで、付近の地域の住民がいないのであれば、まだまだ社会を構成するにはほど遠いという事である。早い話し街にはならない。それをお役人様達は、機械的にこの地域は除染できたから帰還可能、こちらの地域はまだ無理といった具合に分けて作業しているだけであるから、うまく行く筈もないのである。
さらにサンデーモーニングでは、時限付きの復興庁の年次計画に併せての安全宣言で、実情に即しているとは限らないとの懸念を報じていた。爺も放射能がそんなに簡単に除去できるとは理解できておらず、7年を経過してまだ道遠しというのが実情なのであろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182641366
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック