2018年03月17日

ホーキング逝く

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ホーキング博士が亡くなった。
ホーキング博士は、20歳過ぎに筋ジストロフィーを発症、余命数年の宣告が76歳の2018年まで車椅子で活動された天才物理学者である。同じ科学者とはいえこの爺とはあまりにも出来が違いすぎるので、申し上げるのもおこがましいけれど、まだまだ活躍できる歳だろうにと、ちょっぴり残念である。
ところで訃報の記事と併せて
「ホーキング博士は、なぜノーベル賞を受賞しなかったか?」
との記事があった。我々の宇宙の始まりの定説をひっくり返したと言わないまでも、ある意味大いに変えてしまうような説を唱えられ、現時点ではこの分野で受け入られているのだから、こういった疑問ももっともかも知れない。ただその記事によれば、現時点ではホーキングの仮説(Theory)であって、実験あるいは観測を通じて確かめられたわけではないと解説してあった。
ちなみに「相対性理論」で有名なアインシュタイはノーベル賞を受賞しているけれど、その対象は「相対性理論」ではなく「光電効果」であり、このことは意外と知られていない。さらに言うなら「相対論」に基づく重力波が現実に観測的に実証されたのが2年ほど前で、アインシュタインの仮説から100年の時を経てと報道されていた。
かかる意味でホーキング博士の正しい評価は、今しばらく時を待たねばならないのだろう。
合掌
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182717932
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック