2018年03月20日

専制主義?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
アメリカ合衆国トランプ大統領、新聞やテレビの報道見聞きしてたら
「イエスマンばかりを集めてる!」
とあったなぁ。
ロシアのプーチン大統領も、四期目が決まったよって、まぁ似たようなもんかも知れへん。ついでに言うと、中国の習近平主席も、二期目やしもしかしたら「終生主席」ちゅうようなことになるかも知れへん。北の将軍様も共産主義で専制政治しいてはる。ついでに言うと日本の総理大臣も一強で、どんな法律でも思いのままやし、憲法も変えるやと意気込んでるなぁ。こんな風に考えると、世界中の主要な国が、みな一党独裁か専制政治に近うなってきて、ほんまに気持ち悪い状況やで。せやけどこれはなんでなんやろう。ほんまに不思議なんは、最近世界中「指導力の強い」リーダーを求める傾向が強いこっちゃ。
そもそもトランプ大統領はや、選挙前マスコミ報道は、
「当選は無理だろう!」
と予想してやったけど、あれよあれよちゅうまに通ってしまった。確かにロシアが、対抗馬クリントンの足引っ張る動きしたんもあるやろけど、二者択一の時の選挙の仕方トランプ陣営の方が上手やったんやで。つまりや、相手を徹底的にけなして、けなして、半分近い味方を集めたら、ええ勝負になるちゅう点を突いたこっちゃろ。ほんでこのやり方は、多分ファシズムに繋がるやり方やよって、悪意を持ってやられたらほんまにかなわん筈や。そういうたら現総理も、何かちゅうたら前政権と比較して、成果はこんなにすごいと自分を宣伝しながら、前政権の無能ぶりを一生懸命印象操作してるやろ。まぁあの人も戦前回帰したい政治家やよって、専制主義がのぞみなんやろなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182740776
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック