2018年04月23日

仔犬を求めて

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日の朝、午前9時頃。風は微動だになく、カンカン照りのパシリス村。
風邪(喉)を患い、先週一週間の早起きは無かった。とはいえ日の出直前なら普通心地よい風が吹いていた筈のに、陽が昇ってしまう頃には、ここは紛れもない熱帯となっている。一週間に一度の日曜日だというのに・・・。
話は変わるが4月10日を過ぎる頃から、
「午前中は太陽ぎらぎらの夏、そして午後には激しい夕立。」
という風に天候も変化してきており、昨日も天気のパターン通り午後3時頃には、篠突く雨となった。
実はそんな雨を予感しながら、私達はご近所の小学生Yさんと散歩に出かけた。もともとは
「このころ午後になると雨の降ることが多いので、犬の見学は午前中にしようよ。」
と約束していた。ところが約束の時刻になった頃
「中国語の先生が急遽教えに来てくれることになった。見学は午後にして欲しい。」
のラインメッセージが入り、見学を兼ねての散歩が午後になった次第なのである。
散歩の目的は、村の端(はずれ)にある犬の繁殖場の見学。見学というよりは、
「可愛い仔犬はいないかなぁ?」
と物色もかねての見学だったのである。
はたして繁殖上に着く頃には土砂降りで、30分以上も雨宿りを余儀なくされた。
それでも4時を過ぎる頃には、ほとんど雨も上がり、初期の目的は十分多することができたうえ、多分公設なのだろう「捨て犬達を対象にした、犬の養子縁組制度」が確立されていて、来週末には月に一度の里親希望者とのお見合いの有ることも教えてもらった。
ついでにいうと、その公設施設には日本人女性が働いていて、大いに驚かされた次第である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183059370
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック