2018年04月29日

南北首脳会談

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
先日の北朝鮮と韓国両首脳の会談、大きな歴史の転換点になるのだろうか?
マスコミ報道では、今までに北朝鮮の対応に騙されていると懐疑的な意見の有るけれど、それでも総じていうなら歓迎ムードである。それに北の将軍様、思いのほか機知にも富んでいるようで、爺の個人的理解ながら肯定的である。加えて今回の「板門店宣言」は、本当に熟慮の上の産物なのだろうと確信している。
縦えば、「朝鮮半島の非核化!」という条項、米韓日は北の将軍様の国の核放棄しか念頭にないのだろうが、将軍様の本音は
「私の国は捨てるから、駐留米軍も出ていくべき。」
と、きっと譲らないだろうと考える。この種の議論、基本は常に大国の論理に立っての交渉しかなかったけれど、爺の解釈では金親、子、孫の三代をかけてようやく「核保有」という意味で米国と対等に話し合える状態を作り上げ、
「大国の脅しには負けませんよ。対等に話しましょう。」
というのが、今回の性急なまでの雪解けに至った背景だろう。個人的に好きか嫌いかはさておき、北の将軍様の国は長期視野に立っての外交戦略があり、それがようやく今回なのだろう。つまり時代遅れながら、抑止力としての核兵器開発だったに違いない。原理的には核なんぞ抑止力にはならないが、政治家のセンセイ方には、まだまだ抑止力として有効で、叩かれながらも、非難されながらも、親子孫三代の結実。だからもう無駄な兵器開発は辞めて、一日も早い国際社会への復帰をと、爺は祈っている。
「北朝鮮に核開発を止めさせる!」
なんて発言は、あなたには100年早いんですよ、日本の政治家のセンセイ方!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183108541
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック