2018年05月05日

端午の節句に

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
端午の節句、子供の日。
昨日日本人会を訪れたら、入り口付近に五月人形ならぬ「鎧・兜」が飾ってあった。それに吹き抜けになっている二階の通路からは、真鯉、緋鯉、子鯉のこいのぼりが垂れ下がられていた。
「成程五月!」
と、少しだけ暖かな気持ちになった。
ところがある教室で
「みなさんこいのぼりがありましたねぇ。その前に飾ってあった子供の日に関係するものはなんでしょう?」
と子供達に尋ねたら、誰も答えられなかったという話を聞いて
「この国で育つと、固有の文化も希薄になるか!?」
と冷めた気分にもなった。いやはや上がったり下がったり・・・。
そんな昨日、村上春樹ファンには、悲しいニュースが入った。
「今年のノーベル文学賞は、選考しない!」
というのである。
「ノーベル文学賞選考委員が全員辞任か?」
と、数カ月前に報じられたセクハラ疑惑の結果である。選考しないという事は、村上さんの今年の受賞は無いという事だから、村上ファンにとってはノーベル賞シーズンが終わったようなものだ。
さらにシーズンが終わったと言えば、米大リーグマリナーズのイチロー選手、引退ではないけれど今年の選手登録はないそうだから、これまたファンにとっては寂しさも一入(ひとしお)といったところかもしれない。選手登録はしないけれど、チームに帯同して練習もしてゆくそうながら、選手としてよりは指導者として期待されているのだろう。それに気が早い様ながら、来年マリナーズは開幕試合を日本で開催する予定だそうで、その試合でもう一度雄姿を見せてという、球団の配慮なのだろうとは、野球狂の勝手な思い込みである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183161638
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック