2018年05月11日

なし崩しは御免

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
暑い日が続いている。
この地シンガポールに来てビジネスをと頑張っていることは、何度も書いてきた。69歳にもなって(始めたときは65歳だったが)一念発起も無い物だというご批判はともかくとして、それでも青雲の志はまだ消えない。(我ながら、ひつこいというか、粘り強いというか。)
さて一昨日の事、緊急の会合でビジネス仲間と打ち合わせ。微妙な内容だったこともあって、
「じゃあ議事録は、今日中に送ってください。互いに点検して明日午前中には議事録を完成させましょう。」
と別れたのに、夜半まで待っても何も届かない。
爺は気短で、それならと昨朝一番で10項目ほどの箇条書きにして
「これは私の理解。あなたが昨日まとめたのを文としたつもり。ただ私の思い違いがあれば、指摘して欲しい。」
と書き足して、メールした。
ほどなくスマートホンにメッセージが入り
「今週末期限を、来週明け火曜日として欲しい!」
とある。
ここで爺の虫の居所が、急に悪くなった。そこで電話して
「私が議事録を送ったのは、昨日の三人の合意を確認のためだ。その返事はどうなのだ?」
と糾したところ
「だからその期限を来週火曜にはできないかという提案です。」
と返ってきた。
「あなたの希望を聞く前に、まず昨日の結論の合意確認をしたい。どうなんだ?」
「という事は、延期できないという事か?」
という返事で、爺の真意が通じない。已むを得ず
「まず合意の確認を三者でして、その後もしその合意結果に何か不都合があるなら、改めて議論しないと、昨日の会合の意味が無くならないか!?」
とかみ砕けば、ようやく真意が通じたようで。
「判りました。昨日の三人の合意は、期限を今週末とするでした。ただその後状況が若干変わったので、期限の先延ばしをお願いしたいんです。」
との事。理屈っぽい様ながらここまでやらないと、なし崩し的なやり取りがこの国にはあまりに多いので、ご用心ご用心。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183205381
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック