2018年05月23日

仔犬の病気

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
我が家の一員となった仔犬・アリスのことである。
昨日も書いたように、獣医さんの見立ててでは
「貧血、低血糖」
とのことで昨夜は入院。12時間絶食の後、超音波で精検と「ドックドック」である。
これまった獣医さんの予想では、
「肝臓でグルコースを作る機能が以上に低い。こんな場合先天的な肝臓疾患かも。」
ということらしい。さらに肝臓に血液を運ぶ血管がうまく出来上がっていない可能性もあり、そうなると手術以外には治癒しない。ただしこの仔犬はとりわけ小さいので、手術に耐えられない可能性もあると、いやはや重篤な見立て極めて悲観的である。さらには超音波で十分に診断でききれない可能性もあると、甚だ買主の不安をあおるような見立てばかりである。ところが私の
「脈拍は弱いのでしょうか?」
の問いには、
「少し遅いですが、それはしっかりしていますし、肺の音も異常は無いです。」
と少し安堵させる答えもある。
いずれにしても、12時間の絶食中は、点滴で栄養を補給してというから、人並みの治療です。ただ最悪の場合はブリーダーに苦情を申し立てねばならず、そうなると相手がシンガポール人だけに、厄介になりそう。実際職場の同僚が
「ブリーダーなんて金儲けしか考えていないから、苦情を訴えても意味ないよ!」
と、おっしゃる。同じ国の人同士かくも信頼感が無いのかと、悲しい言持ちになる。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183297087
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック