2018年06月02日

仔犬の成長3

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
先日来仔犬アリスの成長を披露している。
本来プードルはいたずら好きである筈なのに、アリスはどちらか言うとおとなしい。ブリーダーの係員は
「それもこの仔犬の個性です!」
とつれなかったことは、以前にも書かいた。だからというわけでもないが、私自身納得していた節もある。一方、自我が芽生えてきたらしいことも事実で、それも書いた。そして昨日、そのアリスがいきなり吠えた。なにもないのにいきなり吠えた。どうしたのだろうと足元のアリスに目をやれば、じっと見上げて盛んに尻尾を振りながらまたまた吠えた。そう今回は相手をしろという要求らしいのである。
「アリスどうした、相手しろというのか?」
とかがむと、私の周りを小躍りするように走り回った。小躍りに応えて追い立てれば、喜んでいる様である。
ただ残念なのは長続きしない点であろうか?
二三分も一緒に遊べば、あとはもういつものおとなしいアリスである。
とはゆっくりとではあるが、確実に成長している。
成長の遅いのは、個性というよりは体力が若干劣っているからなのだろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183398840
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック