2018年07月02日

民間ロケット

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
あの堀江さんが応援している、民間の宇宙ロケット打ち上げ、今回は残念ながら失敗というニュース。ちょっと皮肉な言い方をすれば、
「話題先行じゃなかったか?」
といったところだろうか。
何せわが国、国を挙げての宇宙ロケット開発、1950年代の糸川教授のペンシルロケットに始まり、半世紀ほどをかけて今のJAXAがある。さらには規模は今回のとはまるで違うとはいえ、H2だって失敗を重ね、批判に耐えて今ではほどんど失敗のないところまでになっている。
確かに堀江さんは話題を作るのが上手だし、それにマスコミ報道がある意味悪乗りして、盛り上げるから、確かに夢のある企画だし、一般大衆は大いに盛り上がるのだろう。
これまた皮肉な言い様ながら、マスコミ報道の質を糾したくなる。というのも盛り上がっている内容を報道すれば、それこそ大向うには受けるけれど、内容の真贋は果たしていかにと言いたいところ。堀江さんのロケットが偽物だというつもりはないが、ロケットMOMOが宇宙に行くまでには、まだまだ越えねばならないハードルがあるあろう。そしてその超えるための努力は、地味で報道で取り上げても一般大衆には、必ずしも受けるとは限らない。だからと言って「付和雷同」気味に、話題性のある題材を取り上げる報道の姿勢の質を疑問に思う。
いみじくも昨朝のテレビ報道番組で
「ワールドカップを紙面の一面に取り上げる姿勢は関心しません。」
とコメントしていた解説者がいた。全く同感だし、私の先の主張に通ずるところがある
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183693296
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック