2018年08月08日

教員の夏の賞与

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
近頃、
「そんなことがあってえぇんか?」
と、声を上げたくなることが多い。その中の一つ、大阪市で学校教員の夏の賞与早い話ボーナスが、統一テストの成績に左右されるという。新聞報道によれば、これは大阪市長殿の差配であるらしく、元大学教員のこの爺としては、全く看過できない暴挙である。
そもそも論ながらこんな事態となっているのは、例の人気集団政党元リーダーの
「私達が選挙で選ばれたのだから、私達の意見が民意である!」
とのむちゃくちゃな論理で、やりたい放題をなさった元市長センセイの流れを、現市長がそのまま踏襲していらっしゃるからなのだろう。しかしこの爺には、信じられない。
確かに教育の場は、子供達にあれこれ教え知識を豊かにし、成長した暁には実り多い人生を歩めるための手伝いをするとともに、さらなる次世代を育める大人として彼らを社会に送り出すことにある。子供時代に成績が芳しくなかろうとも成長して素敵な生き様を見せるものもいれば、神童と言われた者が成長して後、何事もできない場合さえある。だから教育現場に有っては、学業成績だけで判断してはならないのは当然だろうに・・・。
以前にも書いたけれど、選挙で選ばれるというのは
「かじ取りを任せますよ。」
という付託であって、決して
「あなたの思うとおりにやってください!」
という意味ではあるまい。そんなこともご存知ないのなら、そんな市長センセイには困ったものである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184124286
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック