2018年08月11日

総括しろよ!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
毎年この時期になると、太平洋戦争の事、原爆の事がドラマの主題になったり、ドキュメンタリで取り上げたりと、本当に多い。原爆の事はともかく、太平洋戦争の総括が未だにできていないからだろうと、この爺は常々考えている。
「戦後73年も経って、総括できていない筈はなかろう。」
と、仰るご常連様もいようが、総括できていないから依然として歴史修正主義者が跋扈しているのじゃないだろうか。
この爺は戦後の生まれながら、あの戦争は無謀な戦争だったと認識している。近隣の諸国にそれこそ信じられないほどの迷惑をかけたことも事実として知っている。ところが歴史修正主義者の緒センセイは、
「そんなことは無かった!」
とうそぶかれる。いや未だに半島の国や大陸の国より、「大和民族は優秀!」と本音で信じていていらっしゃって、ついつい上から目線でものをいわれる。欧米のいわれなき支配から彼らを解き放ったのは、あの戦争をやったからだとも主張される。この爺は、アジアの諸国を食い物にしていた欧米列強が、結果として支配権を断念する契機となったことは否定しない。けれどだからと言って、私達の諸先輩の起こした戦争が肯定されるものではない。
さらに、歴史修正主義者のセンセイほど、今日のアメリカ合衆国を「礼賛」というと大げさながら、盲目的に追随なさっているような気がしてならない。
つまるところ、自分達のしでかした「太平洋戦争」を総括できないから、「被爆」の事も総括できないのだろう。73年も経っているのに、困ったことである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184144972
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック