2018年08月26日

台風20号被害二件

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
インターネット新聞で見た記事。
まず淡路島の話。高さ60mの風力発電用風車が、台風20号の通過で倒れてしまったという。風力発電の自然災害というと、落雷が専売特許のごとくであったのに、まぁ何という事だろう。それに肝心の風で倒れてしまったのでは、しゃれにもならないじゃァないか。ただもう20年近くも昔、修士課程の学生のおかげで、風力発電を勉強する機会があった。あの頃に比べて技術革新はあるのだろうけれど、当時は風速毎秒25m以上になると回転させないという設計仕様だった。今回の横転は、そんなことも関係しているのかもしれない。だとしたら、台風のよく来襲するわが国にあっては、容易ならざる事態であろうか。
次神戸の和田岬の話。和田岬の灯台頂部が、台風が明けた朝無くなってしまっていたという。老朽化ゆえの事態なのだろうが、「喜びも悲しみも幾年月」というかなり昔の映画、灯台守の家族をついつい思い出した。今は大概の灯台は無人化しているだろうから、あまり問題とはならないけれど、下手をすれば人命にもかかわる事態。ただGPSの普及で灯台の使命はもはや終わっているのかもしれないなぁ。
ただ台風の東側が被害甚大になるという、例の事がそのまま出たのが今回の二件なのだろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184261070
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック