2018年09月14日

岸和田だんじり祭の事

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
月並み乍ら、「暑さ寒さも彼岸まで」の、秋の彼岸がもうすぐ。
そして生まれ故郷の泉州は、だんじり祭りの秋である。
(たぶん岸和田まつりは、今週末だろう)
泉州では、彼岸までとは言わず、
「岸和田まつりが終わると、秋になる!」
と、地元の年寄りがよく言っていた。
ちなみに岸和田まつりには、
「岸和田まつりは下駄祭り」
という異名もあり、爺の記憶によれば実際よく雨が降った。
昔は岸和田まつりの日程は、9月14日、15日と固定されていたし、秋の彼岸・秋分の日の一週間程前であった。だから当然秋雨前線の活発な頃で、雨の多いのも当然だろうとはこの歳になっての理解である。
ところがいつの頃だったろうか、祝祭日に関する法律が改められ、Happy Monday 方式が適用され9月15日敬老の日が9月の第三月曜日となって、祭りの開催もその祝祭日の法に従うようになった。余談ながら、本来なら伝統ある祭りの期日を変えるのは、個人的にはあまり快くはないものの、少子化に伴ってだんじりの引手が少なくなってきているので、已むを得ないのだろう。
今年の場合は偶然乍ら、かつての日程とほぼ同じ。
「だからやっぱり雨に遭うのだろうか?」
何ぞと故郷の祭りの思いをはせている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184420277
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック