2018年10月14日

大学人の研究費3

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
大学で良い研究者であるには、研究費が潤沢でなければ難しい。研究費には校費と呼ばれる、教官一人一人に国が与えてくれる予算はあるけれど、それこそ雀の涙で大学外の人には、恥ずかしくてとても言えない。そしてこのことを一般論ながら
「国立大学の研究費は、少ない。」
というのである。だから勢い競争的資金の獲得に走ることになる。競争的資金には、文部科学省の科学研究補助金や、各省庁が募集企画するそれぞれ独自の物があり、工学系なら経済産業省の競争的資金、環境系なら環境省の競争的資金、医学系なら厚生労働省といったところであろうか。ただ省庁の競争的資金の場合、八百長とまではいかないまでも、出来レースであることもそれなりにあるようだ。だから私は、科学研究補助金は制度的に一番中立に近いと信じている。ついでに言うと、企業の募集する競争的資金もそれなりにあるけれど、国の物に比べて総額ははるかに少ない筈である。
企業といえば、工学系の場合研究内容がその企業に利益をもたらすような場合には、応援してくれることが多かった。中世ヨーロッパにあっての「パトロン」と同じで、ただそれもバブル崩壊後めっきり減ってしまったような気がしている。
あれこれ書いてきたけれど、だから
「大学の研究者には、研究費が足りない!」
というのは、一般論としては私は合点がいかない。いやむしろ、競争的資金の獲得額が研究者の能力を決めるような風潮があって、それこそ本末転倒だと納得できないでいる。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184676093
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック