2018年10月15日

大学人の研究費4

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本の研究力が下がっているというちゅう報道があった。
その報道受けて、本庶さんの文部科学大臣への直訴なんやろう。
本庶さんはノーベル賞受賞者やし、お役人様またぞろわけの判らへん「競争的資金」の枠組みを作り出さへんとええんやけどなぁ。
そもそもや、20年近くも申請書書きとその執行に若い研究者を仰山駆り立ててたんやから、ほんまにやりたい研究を皆々出来てたかどうか怪しいもんやし、
「そんなんやから研究力下がるんあたり前やん。」
ちゅうてわいは思うけど、どうやろか?
わいが現役の教授やった頃、若手の研究者がほんまに消耗してるんみて、警鐘鳴らしたことあったんやで。せやけど皆聴く耳またへんかった。それどころか
「あんたの研究分野は古い!」
ちゅうレッテル貼って、研究室の学生の就職活動まで差別する教員もおったちゅうて聞いたこともあるくらいや。わいの研究室の事はともかくや、わいが残念やったんは、
「忙しくって、研究時間が確保できない!」
ちゅうて愚痴ってる若手の研究者の大半が、わいの警鐘聴いてくれへんかったことやで。
ほんでやこの話を突き詰めて行ったら、
「大学は教育が主か、研究が主か?」
ちゅう命題に行きつくけど、それはまた明日や。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184682456
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック