2018年10月24日

トロンハイムの思い出 2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
何がきっかけで思い出したかはともかく、1983年(昭和58年)の11月28日である。
翌日には、トロンハイム空港からオーレスンド空港まで空路、一泊して翌日にはフィーヨルド伝いに車でセリエ村という漁村に行くことになると聞かされていた。
とはいえ、夜の8時過ぎなんぞに良い若い者が(ちなみに当時私は34歳)眠れるはずもなく、
「僕はもう眠るでぇ!」
というT先生を部屋に一人残して、私はトロンハイムの街に出た。
街に出ると大仰な言い様ながら、ホテルの周りを歩いてみたのである。
ただ夜の長い北の街らしく街灯は思いの外明るく、昨日も書いたようにホテルの周りは、まだまだ人が溢れていた。私自身この街に来るまでは、北欧に対し結構暗いイメージを抱いていたのだが、良い意味で外れてしまったのは、ある意味幸いだったのかもしれない。早い話し北欧に対するイメージを一新し、すっかり北欧の贔屓になるのだから、「縁は異なもの」とでもいうことになろうか。
ホテルの周辺には、いくつか商店もありウィンドウショッピングをしながら歩いた。気温は、これまた思いの外高くて、なかなかホテルの部屋に戻る気にはならなかった。街灯の下で、その前の年に流行った「北酒場」の唄を口ずさんでいたら、周りに人が集まりだし、そうなると引っ込みもつかず、大声で「北酒場」の唄を熱唱することになった。「カラオケ」のはやる随分と昔の話で、「北酒場」熱唱の北限で無かろうかと、少しだけ自慢である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184755215
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック