2018年10月28日

日本人夫妻との出会い

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
さて昨日のタイソンのサービスセンターの話の続きである。
長い列の私の後ろに並んだ夫婦連れの会話が耳に留まったこと、それが日本語であったことは、すでに述べてある。
「おや、日本お方ですか?」
と声をかければ、少し驚かれた風ながらすぐに打ち解けての会話となった。
なんといっても、順番を待つだけしかない状況で故郷の言葉で話せる気楽さ、話の弾まぬわけがない。話が弾むといは言え、当然ながら他愛無い話ながら、それでも某光学メーカーの駐在員との事が明らかになり、それも技術開発というから興味がわいた。
早い話し、この国の至る所にある監視カメラの売り込みらしいのだが、
「現時点では、人の眼で見ないといけないのですが、それを自動で事件がありそうだとか、怪しい人がいるといったことができるようにしたくて。」
というではないか。ぶっちゃけ話AIのお世話になってという事なのだろう。
偶然というべきだろうか、大阪大学に在職当時隣の研究室のB教授の専門、サーベイランス絡みの仕事とあっては、ますます興味が湧いてくる。そんなわけで、小一時間の待ち時間退屈することも無く、その後ホーカーでアイスコーヒを頂いてしばし歓談して別れた。
明日には名刺を送っておこう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184790192
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック