2018年11月17日

マニラから

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
フィリッピン・マニラに来ている。
マニラ空港到着は昨夜の午後7時過ぎ。
シンガポールチャンギ空港からはわずか4時間弱の飛行時間。
こうやって来てみると、シンガポールが栄えるわけが判るような気がする。つまり東南アジアのほとんどの国へ、4時間もあれば行けるのだから、ハブになっているのは当然なのだろう。いや当然というのは多分間違いで、地理的な有利性を生かすにはと、指導者達が知恵を絞った結果なのだろう。毀誉褒貶があるとはいえ、リクァンユウの指導性が功を奏して今の繁栄なのである。1965年の独立だから、国としては半世紀余りの国なのに・・。
こんなことを考えたのも、今日チャンギ空港に向かった際のタクシーの運転手さんとの会話があったから。タクシーは、韓国製のヒュンダイ・ソナタで
「5年前にシンガポールに来たときは、よく故障車をみた。渋滞の原因になっていたけど、この頃はソナタの質も良くなったねぇ。」
という爺に
「ソナタも随分と質が良くなったけれど、やはり日本車の方が質が高い!」
と、この爺が日本人と知って切り返してきた。そしてその運転者さんはトヨタ車が好きと仰る。ただその言葉に続けて
「トヨタは良い車を作る。そして一台3万シンガポールドルで販売する。確かにその点はすごいと思うが、シンガポール政府は、その一台の使用許可を僅か紙切れ一枚で5万シンガポールドルも取る。シンガポール政府は商売上手だ!」
と、自嘲気味におっしゃっていたから。成程と納得し、マニラについてさらに考えた次第である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184983649
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック