2018年11月25日

10年前の思い出から

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
10年前の今日の内容から思い出した、その後の悲惨というか大変難儀をした経験。
ブログを読み返せばたぶん書いてあるのだろうが、現時点での記憶を頼りに思い出している。
「蜂窩織炎」を患ったことは昨日も書いた。
熱の出たのがたぶんアレキサンドリアのホテルが最初だったろう。
ただその時は風邪だとしか考えなかった。
そして帰国するころになって、右足首が痛み出しよくよく見れば、赤黒くなって腫れている。だから帰国して次の日だったか、その次の日だったか、南千里にある皮膚科に行った。その皮膚科を知っていたというのではなく、秘書のNさんがネットサーフィンして探してくれたのである。そして診察を受けたところ、医師は足首を見るなり
「熱はないのか?痛みはどの程度か?」
等々、えらく真顔で問いただすではないか?そして
「蜂窩織炎です。晩酌の習慣があるなら、いましばらくは禁酒です。」
とおっしゃる。私は
「どの程度まじめに禁酒せなあかんのですか?」
と返したところ、
「蜂窩織炎は、常在菌が真皮のさらに下に入り込んでいます。抗生物質で治療しますが、常在菌だけに効果があるかどうか?お酒を飲めば血の巡りがよくなって、運が悪いと敗血症にまでなりますよ!」
とダメを押された。
「12月になれば第一週目にはサンフランシスコへの出張があるのですが?」
の質問には、
「足の痛みがなくなればいいですが、今の状態では無理でしょう。」
という。
「じゃぁ、熱が下がったら車椅子で行きますから、それなら・・。」
という問いに、いささかあきれ顔で
「行く元気があるならどうぞ。」
とおっしゃった。
ともかく熱は二三日でおさまったものの、足首の痛みはしばらく取れなかった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185068348
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック