2018年11月28日

米合衆国はクリーンか?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
アメリカ合衆国トランプ大統領、また無茶苦茶言うてるなぁ。
「地球温暖化というが、アメリカ合衆国はクリーンである!」
おいおい、あんたの国やんか大型車をバンバン走らせて、石油を大量消費して、そんな国の大統領がようも
「我が国はクリーンである!」
なんちゅうて、どの口で言えるんや。
たぶんそれと関連してるんやろうなぁ、自動車メーカーのGMが経営課の合理化のための人員削減したら、猛反対して
「もっと大型車作れ!」
ちゅうてるらしいやないか。
ほんでワイもつらつら考えたんや。
「なんであの大統領が好きになれへんのやろ?」
ほしたら何となく感じるんやなぁ。トランプ大統領の姿勢は、なんか理念があって無茶苦茶言うてんと違うて、人気取り・票集めのためのあの態度と思えてならへんのやけどなぁ。
もしアメリカ合衆国がクリーンやと、ほんまに信じてるんやったら、それもう政治家としての最低の資質もないとしか思えへんなぁ無いと言わざるを得んなぁ。
ついでに言うとや、我が国の総理大臣からもおんなじにおいするねんけど。
こう考えると、信念持った政治家ちゅうんほんまに少なうなった。
まぁそんなんに騙される国民が悪いんやけど、一方でそんな政治家ほど、大衆迎合主義盛り上げるのん上手やからなぁ。
ほんまに、「ヒットラー」の時代が戻って来ん様願うばかりや。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185084894
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック