2018年11月30日

ゴーンショックに思う

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
霜月・晦日
ゴーン氏が逮捕され、日産の会長を解任され、早二週間に喃々。
検察や警察が意識的に漏らすのだろう、マスコミ報道では負の面ばかり強調されている。一方諸外国からは、
「宗教裁判だ!」
という非難の声もある。
日本の検察の「得意」な長期拘留もその一因だし、司法取引した幹部社員の行動もわけがわからない。
ただ爺の憶測ながら、そして報道でも漏れ聞こえてくるように、ルノーが日産を吸収合併しようとしたところに、今回の騒動の原因があるのだろう。
確かに所得隠し、それも我々庶民からすれば、けた違いの所得隠しは、全く納得のいかない行為であることは間違いない。ただそういった倫理観だけで今回の問題を論じることは、本質的な解決にはなるまい。
それに今回のゴーンショックを見て思うのは、
「我が国の三権分立は大いに怪しい!」
と言う点。ここ二三年の森友や加計学園のスキャンダルでは、本当に怪しい人に対しては「閣議決定」してガードをかためてしまえば、検察も動こうとしない。こうなるともはや法治国家とはとても言えまい。おりしも新しい入管法でも、政権のやりたい放題で、ますます法治国家とは無縁の国に成り下がりそうである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185100135
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック